Amazon Fireタブレットでできる、簡単・安価にテレビを見る方法とは!?

「Fireタブレットでテレビを見たいけど、どうしたら良いの?」
といった人に、コスパ高のAmazon Fireタブレットを使って、低予算でできる、家中どこでもテレビを見る方法を紹介したいと思います。

子供にリビングのテレビをゲームで占拠されているので、見たいテレビが見られない(泣)

カミさんと見たい番組の折り合いがつかない(怒)

見たいテレビがあるけど、夕食の準備があるのでリビングで見られない(涙)

とにかく家じゅうのどこででもテレビを見たい!

という方にもおすすめです。

まず必要なもの

・Wi-Fi環境(インターネット環境)
・HDDレコーダーやSONY nasneなどのレコーダー機器

録画機器に関して、2013年頃以降に購入したのモノなら、大体OKです。
正確な型番が分かるようでしたら、こちらに記載があるモノでしたら問題ありません。

Amazon Fireタブレットでできる、テレビを見る方法とは!?

Amazon FireタブレットにDiXiM Playをインストールすることで、テレビが見られるようになります。

Amazon Fireタブレット

Amazon Fireタブレットは、iPadやいろいろなメーカーが出しているAndroidタブレットよりも低価格(5,980円から)で売られているタブレットです。
しかも低価格なのに高性能なので、コストパフォーマンス的に最もおススメのデバイスです。
Amazon FireタブレットはFire 7、Fire HD 8、Fire HD 10の3種類あります。

Fire 7(5,980円~)

Amazonで購入
Fire 7(5,980円~)

Fire HD 8(9,980円~)

Amazonで購入
Fire HD 8(8,980円~)

Fire HD 10(15,980円~)

Amazonで購入
Fire HD 10(15,980円~)

DiXiM Play

DiXiM Playとは、レコーダーの録画番組や放送中の番組を視聴できるアプリで、Fireタブレット向けのアプリもあります。

Amazonアプリストアでダウンロードできます。

ダウンロードならびに1分間のお試し再生は無料です!
お試し再生で問題ないことが確認できた後、アプリのライセンスを購入します。
(買切りプラン:1,650円、月額プラン:132円)

DiXiM Play Fireタブレット版

DiXiM Play Fire タブレット版
製品ページ


「まず必要なもの」で紹介した「HDDレコーダーやSONY nasneなどのレコーダー機器」から、Wi-Fi経由で、テレビ番組のストリームを受信してDiXiM Playで視聴することができます。

図にすると…

DiXiM Play Fireタブレット版接続図

・レコーダー機器をルーターに接続(有線接続がおすすめ)
・Amazon Fireタブレットを無線LANルーターに接続
・Amazon Fireタブレットに、DiXiM Playをインストール

【DiXiM Play + Fireタブレット】なら家の外でも「どこでもテレビ」ができます

DiXiM Playなら録画番組をFireタブレットに持ち出しての再生ができます。
長距離ドライブ中、お子さんも退屈しませんね!

DiXiM Playなら東芝やシャープ製レコーダーの一部機種などとの組み合わせで、外出先から自宅のレコーダーにリモートアクセスしてのテレビ視聴ができます。
出張先のホテルなどから、レコーダーに録りためた番組の消化ができますね!
(要モバイルWi-Fiや無線インターネット環境)

こんな人にも【DiXiM Play + Fireタブレット】おススメしたい…

スマホでDiXiMを使っているけど、もう少し大きな画面で見たい。。

Amazon Fireタブレットなら、お財布にやさしくもう1台追加できますね。

ついAmazonサイバーマンデー(セール)でFireタブレットを衝動買いしたものの、あまり使い道がない

せっかく買ったFireタブレットなので、DiXiM Playを使って「どこでもテレビ」として活用しましょう!
※AmazonではFireタブレットに使える防水ケースも扱っているので、「お風呂でテレビ」も可能ですよ~

記事一覧へ

おすすめ記事