本サービスにおける制限事項

本サービスにおける制限事項

ルーターの動作確認状況について

ご使用中のルーター機器によっては、DiXiM リモートアクセスサービスをご利用いただけない場合があります。
以下をご参照ください。

・ルーターのファームウェア アップデートにより、リモートアクセスが可能となる場合もあります。
・以下のルーター機器以外のものでも、リモートアクセスが使用できない場合があります。
・本情報は、弊社が独自に掲載しているものですので、各社へのお問い合わせはご遠慮ください。


●DiXiM リモートアクセスサービス が使用できないルーター

以下のルーターでは、DiXiM リモートアクセスサービスがご利用いただけないことを確認しています。

コレガ CG-WLR300GNZ-W(Ver 1.20)

  ●DiXiM リモートアクセスサービス が使用できない場合があるルーター

以下のルーターでは、DiXiM リモートアクセスサービスがご利用いただけない場合があることを確認しています。
ルーターの設定を変更することで、リモートアクセスをご利用いただける可能性があります。

NTT ひかり電話ルーター
NURO ホームゲートウェイ「ZXHN F660T」

◆ルーターの設定変更◆
●現象について:
リモートアクセスが正常にできない場合、お使いのルーターが、外部からの通信を止めている可能性があります。
ルーターの静的NAT設定機能(ルーターによって、静的IPマスカレード設定や、ポートフォワーディングの設定などと表記されている場合もあります)を使って、通信に必要なポート番号などを設定することで、リモートアクセスを利用いただける可能性があります。
●設定について:
DiXiM リモートアクセスサービスで使用するポートは、以下の通りです。
まず、サーバー機器を固定IPアドレス(DHCP設定を無効)に設定します。
– NASをご利用の場合 –
・プロトコル UDP
・ポート 32768-61000
宛先のIPアドレスは、サーバー機器のIPアドレスを設定していただくことになります。
上記で改善されない場合、ルーターに「DMZ」設定機能がありましたら、サーバー機器のIPアドレスに対して、DMZの設定をお試しください。
※ただし、この設定により、セキュリティの低下が懸念されますので、お客様のご判断にて設定をお願いいたします。