6つのモノラルファイルをそれぞれのパンに分けて、 5.1チャンネルファイルを作成することはできますか。

以下の操作により、6つのモノラルファイルから 、5.1チャンネルのサラウンドファイルを作成いただけます。

操作手順

  1. プルダウンメニュー「ファイル」より[新規作成]を選択します。
    ダイアログボックス「ドキュメントのタイプを選択してください。」が表示されますので、「マルチチャンネル」を選択します。
  2. 「ファイル」より「読み込み」を選択して、利用するモノラルファイルを一つ選択して、[開く]をクリックします。
    トラック1に波形が読み込まれ表示されます。
  3. 「操作2」 を繰り返して、他のファイルの読み込みをおこない、6トラック分のトラックウィンドウを表示します。
    ※キーボードのCtrlキーを押しながら選択すると、まとめて読み込みすることが可能です。
  4. プルダウンメニュー「表示」より「サラウンドパンナー」を選択して、サラウンドパンナーウィンドウを開き、各トラックのパンニング設定をします。
    既にサラウンドパンナーウィンドウが表示されている場合は、プルダウンメニューより選択の必要はありません。
    下記の設定例を参考にお試しください。
    (設定例)
    ※サラウンドパンニングエリアでは、上が「前方」、下が「後方」となります。
    ※トラックウィンドウの「トラックNo.」が、グレーアウトしている場合は、クリックして点灯表示させてください。

    • トラック1をFront Leftに設定:パンニングポイントを左斜め前方に移動させます。
    • トラック2をFront Rightに設定:パンニングポイントを右斜め前方に移動させます。
    • トラック3をCenterに設定:パンニングポイントを前方に移動し、センターボリュームスライダーを100%にします。
      Center以外のスピーカーアイコンをクリックし、ミュート状態(グレーアウト)にします。
    • トラック4をLfeに設定:全てのスピーカーアイコンをクリックし、ミュート状態(グレーアウト)にします。
      「LFE」のカットオフ周波数を120Hz、ボリュームスライダーを100%(中央)にします。
    • トラック5をSurround Leftに設定:パンニングポイントを左斜め後方に移動させます。
    • トラック6をSurround Rightに設定:パンニングポイントを右斜め後方に移動させます。
  5. プルダウンメニュー「ツール」より「トラックデータのミキシング」を選択します。
    ミキシング処理された 5.1チャンネルのトラックデータが表示されます。
  6. 「ファイル」より「書き出し」を選択します。
    ファイル名を入力して、保存したいファイル形式を「ファイルの種類」より選択し、[保存]をクリックします。
    手順は以上です。
    ※パンニングやミュートの操作については「ヘルプ」の「目次」から情報をご覧いただけます。
    [基本編] – [ミックスダウン] – [モノラル/ステレオ/5.1chトラック共通の便利な機能]
    ※センターボリュームやサブウーハー(LFE)については「ヘルプ」の「目次」から情報をご覧いただけます。
    [基本編] – [ミックスダウン] – [サラウンドパンナーの5.1chトラックの場合]

デジオンカスタマサポート

  • お問合わせはメールにて、24時間お受けいたしております。
  • 弊社営業日17:00までに受信しましたお問い合わせは、当日中のご連絡を心がけておりますが、お問い合わせの内容や状況により翌営業日以降のご連絡となる場合もございます。予めご了承願います。
  • 土日祝祭日および弊社特別休業日にお送りいただきましたお問い合わせには、翌営業日以降にメールにてご連絡いたします。
  • お問合わせの内容によりましては、回答までにお時間を要する場合もございます。
  • お電話でのサポート対応はおこなっておりません。